2018/05/12

旨い魚を求めて遠征~

GW後半は風が強くて南下は断念しましたが、今日は抜群の天気予報。

中深海釣りをしようと南下プラン。

夜23時半まで会議があったので、眠る時間なしでの出船だけど、なぜか今日はカッパさんもご乗船。

旨い魚を強奪に来たか。でも操船も代わってもらえるので助かります。

まだ真っ暗な中、静かに港を出航しレーダーとGPSの航跡を頼りに航行。向い波が微妙にあってあまり走れません。

初島沖を越えたあたりから大型船が多くてなかなか神経を使います。

日ノ岬沖を通過する頃、夜が明けていい感じ。風も波もなく穏やか。

ポイントに到着し、まずは船頭とアジおさんが仕掛け投入。

前回トウジンしか釣れなかったポイントだけど、今回はここから。

さすがにこの深さで3人が仕掛けを出すのはオマツリリスク高しなのでカッパさんはまずは見学。

船が流れませんやん。のんびり竿先を見ながら、時々底取り。

割と辛気臭い釣りです。動きが少ないので、ひまひま~。

中乗りのカッパさんもひま~。

毎度悩まされている道糸にまとわりつくものも今日は少なそう。

1回目の仕掛け回収ではほとんど問題にならず。よかった~。カッパさんの仕事がないですやん。

潮もゆるく、風もないので釣りやすそう。これならカッパさんもできますぞと、2投目からはバウで仕掛けを投入することに。

無事3人が仕掛けを投入した第2投目、船頭の竿にアタリ。しばらく待って、電動リールスイッチオン。

途中、ずっと竿には魚の反応が伝わってくる。こりゃ釣れてるぞとワクワク。

キンメかそれともアコウダイか~。

上がってきたのはスミヤキと呼ばれるクロシビカマス。変な魚ですやん~。ちびキンメも付いていました。

続いて船頭にキンメ~。きれいなキンメです。

何やらカッパさんも巻き上げてます。何か釣れていると叫んでいる~。

キンメとスミヤキのセット。

中乗りさんも坊主脱出。(笑)

アタリがわからないと言っていたアジおさんにも
何やらヒット。

最後まで釣れているかどうか怪しい回収でしたが、水中にはキンメが2つ~。

上がってくるときのキンメは本当にきれいです。

上げるときに一つ針が外れて悲鳴~。

浮かんでいるキンメを慌てて船をバックさせて掬いました。

危ない危ない~。 『獲ったど~』と叫ぶアジおさん、本当にうれしそうです。

機嫌よく昼過ぎまで3人でキンメ狙い。

たくさんは釣れませんが、スミヤキ、トウジン、キンメとぽつりぽつりと釣れてくれました。

何度かアタリがあっても回収する途中に外れたり、ハリスを切られたり。

スミヤキが犯人と思われるPE高切れ、仕掛けも幹糸からぷっつりがありました。

厄介な魚ですが、聞くところによるとおいしいと。

ほんまかいなと疑っていますが、まずは持って帰って食べてみることに。

釣りを終了し、帰路に。

走り出すとカッパさんが『赤いのが浮いている~』と叫んでいます。

確かにずいぶん遠くに真っ赤なものが波間にちらちら見えます。

『こりゃ魚だ~、アコウダイとちがうか~』と船頭も叫び急行。

人命救助ならぬアコウダイ救助は操船一発で決まり、カッパさんが無事救助。

うれしいお土産ゲットです。

トウジン、スミヤキ、キンメに救助したアコウダイとド素人中深海釣りとしては上出来か。

天気も良く、気持ちの良い海上を楽しみ、そしてお土産もできたので機嫌よく帰ることに。

カッパさんも慌てて購入してきた竿、リールが使えてよかったですな。

帰りは南風に押されながらので楽々航行。

途中カッパさんにも操船を代わってもらいながら順調に帰港。

よほど天気が良くないと行けない釣りですが、釣りの幅が拡がりました。

満足度★★★☆☆

2018/05/05

久しぶりにホームの釣りは小物釣りに。

GWもあと残り1日。

結局連休中の出漁は前半の宿泊合宿キンメ釣りと今日だけ。

それ以外はゴルフが1日・・・あとはダラダラ野球を観ていたくらいか。

南下して中深海釣りをしたいなと早めに港に集合するも、やや南の風が気になり近場で遊ぶことに。

アジおさんと漁礁周りを見回りますが、さっぱりベイトも映らず魚の反応はなし。

何か所かまわりますが、メバルもアジもお留守。

こうなれば、テッポー仕掛けでサワラをと準備しますが、前回仕掛けが上の方でぷっつり切れたので5本バリに。(笑)

キャビンの中に転がっていた6本針になったテッポー仕掛けとジョイントし、11本針に。

ベテラン人は30本針くらいを曳いているそうで、11本では鉄砲数打てば当たるには不足気味。

それでも機嫌よくのんびり曳き始めます。
天気が良いので、気持ち良し。

全然アタリが無かったけれど、仕掛けを回収してみるとサバが付いていました。(笑)

もう意識もうろうとしているようでしたが、いいサイズのサバでした。

前回まではサバが回っていなくて、ハマチだけでしたが、今回はいいサイズのサバが混じりだしい
い感じ。

一撃4本釣れてきました。うれしいお土産です。

下りの潮が動き出したようですので、そろそろアジポイントへ。

魚探に映るいい反応を探し、サビキ仕掛けを投入するとひったくるようなアタリでアジゲット。

群れが動いているようで、ショットガンの釣りになりますが、あえて短いサビキ仕掛けで手返し優先。

ダブル、トリプルで釣れてきます。

中学生くらいのサバも混じって釣れてきます。脂がないカスカスのサバだろうなぁ~。

1時間半ほど、アジ・サバ釣りを楽しみ反応も少し薄くなったところでストップフィッシング。

お土産は十分にできました。

サワラが釣りたかったけど、もう北の方に上がってしまったのかな。

今度は違う場所をひっぱる必要があるかな。

久しぶりのアジ釣りはそれなりに楽しかったけど、これから大アジの季節が楽しみです。

満足度★★☆☆☆

2018/04/30

深海釣り第2弾、今度は釣りのテストのはず。

GWに突入。恒例のカツオダービーのはずが黒潮蛇行のせいかカツオがさっぱりらしい。

それでも大和丸艇、ヨッシー艇、わが艇で南下。宿泊合宿だ。

大和丸艇には優秀な船頭さん達が3名乗っている、オーナーはお休みらしい。(笑)

おもろいオーナーなので非常に残念だ。

由良沖くらいでヨッシー艇も合流し、徳島伊島沖を通過。

大型船が多くて走りにくいが、波がないので順調に南下。

大和丸はカツオを求めてはるばる南下、ヨッシー艇は伊島で。

わが艇は先週GPSのテストを行ったところに、今度は釣りのテストに。

今日こそはキンメダイ、アコウダイを釣りたいぞ~。

アジおさんと気合を入れて仕掛け投入。潮が全く動いていない。

等深線を見ながら変化のあるポイントを探ります。

アタリに気づかないまま回収したらアジおさんの仕掛けにトウジンが掛かっていました。

初めて実物を見ましたが、なかなか気持ち悪いですやん。

でも深海らしくていいな。アジおさんの食レポが楽しみだ。

今日も道糸にへんなもんがこびりついて難儀。除去しながらの仕掛け回収は結構たいへんです。

いやだなぁ~。前回はこれに萎えてそそくさとやめましたが、今日は粘ることに。

ポイントを何か所か変え、駆け上がりを狙います。

ゴンゴンとアタリがでて、ドキドキ。

最初は掛かっているかわからない程度でしたが、巻き上げるにつれて竿に反応が。

付いている付いている~と思いながら仕掛け回収。

うれしいYAKUMO艇初キンメです。ダブルでした。

上がってくるときのきれい事。

アジおさんはアタリが無くて残念でしたが、仕掛けを回収すると付いていますやん~。(笑)

私のよりサイズアップのキンメが付いていましたよ。

うまそうですな。

2人とも、これでもう十分やなぁ~とご機嫌。

風強くなってきて、潮と同調せず流しにくくなってきた。

それでも何とか糸が斜めにながらもやってみます。

深海釣りは穏やかでないときびしいなぁ~。

爆風になってきたので、仕掛けを回収し帰ることに。

仕掛けを回収し、アジおさんが回収している間に冷やし中華を食べようとキャビンへ。

アジおさん、道糸に付いた難儀なもんを取りながらゆっくり回収してましたが、キャビンから冷やし中華を食いながら沖をみると何やら見えます。

その時、『あっ!釣れてる~!』とアジおさんの悲鳴のような声が。

よく見るとアコウダイが沖合に浮かんでいるじゃありませんか。

いわゆるちょうちん行列ですやん。

見事なアコウダイをトリプルで。

やるなぁ~アジおさん~。

でも全くアタリもわからず、浮かび上がるまでわからなかったとか。(笑)

ま、勝てば官軍、大手柄ですぞ~!

なかなか楽しい深海釣りでした。

南の風が強くなってきたので北上し、あちこち漁礁を見て回りますが、ベイトが居ても丸アジ。

波も高くなったので、早々に宿泊地に。

例年ならアオリやらで遊べるのに、今年は水温が低いのかさっぱり。

おとなしく早めに宿にチェックイン。

大和丸は往生際悪く、最後まで頑張っていましたがもちろん成果なく私が風呂から上がった後帰ってきました。

ぶるまんさんの釣ったアカハタをお刺身で頂きました。ご馳走様。

我々の魚はクーラーボックスに丁寧に収納されていてもちろん寄付はできず。(笑)

夜はお酒と寝不足でバタンキュー。

でも翌朝は3時に強制起床。こんなに早く起きてなにしますのん~。

仕方ないので、テッポーを引っ張ってハマチを3つ釣って早々に帰りました。

今回は深海釣りテスト、結果が出てよかったよかった。

楽しい遠征。今回はできる釣りが限られたけれど、YAKUMO艇にとっては新しい釣りができたのでよかったよかった~。

満足度★★★☆☆

2018/04/22

新装GPS魚探のテストは微妙。

なかなか釣りに行けなくて悶々としておりましたが、久しぶりに釣りに行っても悶々と~。

これまで使っていたGPS魚探、ずいぶん古くて接触不良も起こしているようで航行中にたびたび電源が落ちる、モニターが消える等々問題が。

しかも地図には等深線がほとんどない。古すぎて地図のUpdateもできない機種なので、さすがにこれではと新しいGPSが欲しかった。

しかも、深海釣りも視野にいれるともっと出力が要ります。

600Wの振動子を船底の内側から張り付けただけなので、減弱して底が取れないのは明らか。

ということで、新しいGPS魚探を設置。久しぶりの艤装です。

船底塗装の時期だったので、上架して船底にスルハルで振動子を設置工事。

そして、本体を取り付けて艤装完了~。

モニターが12インチなのででかい~。目が悪くなってきたので助かるか。

しかし、レーダーの操作部分は見えなくなった。ま、画面さえ見えれば十分だけど。

ということで、GPS魚探のテストに深いところを目指して南下。

アジおさんと2人で、水深300m~400mのところで仕掛けを投入。

一応、中深海釣りの気分で、キンメダイ釣りの仕掛けに餌を付けてやってみます。

周りに少し船もいて、ポイントはこの辺で良いはずと適当です。

魚探を見ると一応底をとっていますが、中層に
映るプランクトンのようなものがすごくていまいち綺麗に映らない。

これは、魚探の問題かそれとも異常事態か~。

そこに僚船から連絡。『中層になんか映って底の魚は映らない感じ~』と。

少しホッとするも、その中層の何かがすごい厄介。

何なんでしょうか、道糸にいっぱい引っ付いてきます。茶色い、クラゲみたいでもあり、明らかにクラゲといは違う。

巻き上げ時に、竿のガイドに詰まる、リールにも詰まる。だんだん抵抗が大きくなり、リールが巻き取れなくなるくらい。

アジおさんがまめまめ取ってくれますが、難儀。

変な深海サメを1匹釣っただけで、むなしく時間が過ぎていきます。

あまりにも道糸問題がひどくて、心が折れてあきらめて北上~。

すると、僚船からアコウダイが釣れたとLINE~。何~~!

まぁ、こんなもんです。

新しいGPS魚探のテストはできましたが、テストもどうも中途半端で悶々と。

北上し、途中でテッポー仕掛けを引っ張りだしてサゴシをゲットしただけ。

アドベンチャーな遠足でしたが、GPS魚探のテスト以外の何物でもない遠足でした。

GW、今度は釣りのテストをしようっと。

満足度★☆☆☆☆

2018/03/31

小春日和の大潮、張り切っていきましょう~。

珍しく2週連続いい天気。

久しぶりにアジおさんは家族旅行で九州の温泉へ。

今日は潮が大きいから魚が釣れそうな気がしますので、年度末の仕事が終わったはずのGB君を誘い、二人で出漁。

よく考えるとまだ31日じゃん。(笑)

先週、帰港するとビルジに燃料が混じっているような。暗くてよく見えなかったけど、もちろん早速おざきマリンに点検依頼。

最近エンジンも調子よかったけど、クーラントホースの老朽化でクーラントが漏れ出した模様。

ボートって本当に過酷な状況での使用だからいろいろあるなぁ~。

機関故障で漂流は最悪なので、気になったら即点検。今回もホースを交換して安心しての出船です。

さて、上りの潮がよく動いている時間帯。もちろん狙いは桜鯛。高仕掛けを巻き巻き。

GB君もこの釣りが一番好きと。

天気も良いので、船の数は凄い。真鯛の数より多いかも。

ところどころに良い反応が出ます。ヒットするもバラシ。

アタリがあっても一瞬掛かって即サヨナラが続きます。

ハマチ、アジと釣れましたが、肝心の鯛はさっぱり。

漁礁にいい反応があったので、仕掛けを放り込むと大きなサバが掛かってきました。

ハマチと同じサイズ。美味そうだ。

漁礁でのピンポイントの釣り、同じように少し潮上から順番に流せばよいのに、そうせずに割り込んで流すボートがいます。
型ボートは小回りが利くからそういう人が多い。

スパンカーがない船小型ボートは他の船と同調しないから難儀。

お互い気を付けてやれば機嫌よく釣れるのに。残念。

今日は久しぶりに高仕掛け一本勝負。

鯛を釣るべく根気よくやりましたが、上りの潮は結局おしまい

ベイトはちび太刀魚のようなので、擬似のビニールの長さもそれらしい長さをチョイス。

色は何がよいのかわからない。太刀魚色にすればなお良しなのか・・・。

下りの潮でもどうもアタリは少なく、それでも何とかGBさんが1枚ゲット。




まだまだ潮はありますが、早期終了。

お土産としては十分。おいしいアジとサバが釣れたので良しとします。

大きなハゲも水面に浮いてきたので、掬ってゲット。

港に帰り、少し船内の整理。

知らない間にたまってきた積載物を少し降ろし、船を軽量化。

まだまだ船底は大丈夫ですが、ドライブ周りに
いろいろ付着してきたのでどうするか~。

おざきマリンさんが大忙しになる前に、船底塗装をお願いするとするかな。

カツオ遠征に向けて。

満足度★★★☆☆

2018/03/24

メバルの仕掛けはアジ専用仕掛けに~

最近めっきり釣れなくなったメバル。いや、正式に言うと黒メバル。

今日はいつもより早起きしてメバルを探しにアジおさんと2人で出船。

第一ポイント、ベイトの反応はあるものの、メバルはさっぱりいない。まぁあまり期待はしていなかったが。

それならばと第二ポイント。しかしベイトも少し居るだけ。メバルの顔は一応見られたけど、さっぱり~。

いきなり、朝から企画はずれ。

抜群に天気は良いけれど、結構空気が冷たくて寒い。手が冷たい。

大きく移動して第三ポイント。

先週、アジがメバルの邪魔をして釣れなかったポイントだ。

ベイトは居るので、メバルが居るかと期待するも釣れてきたのはやはりアジじゃん。まぁうれしいけれど。

アジは釣れてくるけれど、メバルの顔を見たいぞ~。

やわらかい長竿をアジがキュイーンと曲げてくれます。

これはこれで面白い。

アジおさんは船べりまで寄せてからのバラシ連発。

結構ばれるのよね~。

下りの潮も終わりかけ、メバル・アジはあきらめてガシラ釣りに。

こういうときも裏切らないのがガシラ君のはず、お世話になりま~す。

ところが、さっぱりアタリがありません。どうしたことか。

上の潮は緩んでいるが、底の潮は速いのか。根掛かりでアジおさんも苦しんでいる。

潮も濁っている感じで、ハゼコのエサには食わず、白赤ワームにばかり食ってくる。

どうも目立たないと釣れないようだ。

誘いも大きくし、ワームを元気に動かすと飛びついてくる感じ。

アタリは少ないが、釣れてくるガシラはすべて型揃いだ。美味そう。

上りの潮が少し速くなり根掛かりが増えてきたのでおしまい。

気温がぐんぐん上がり、風もないのでぽかぽか陽気。気持ち良し。

今度はまたメバル仕掛けで漁礁周りをやってみますが、やはり釣れてくるのはアジ。うーん。

ベイトを見つけては仕掛けを投入するショットガン。

ベイトに着いたアジをピンポイントで狙う釣り、いいタイミングで仕掛けを投入すれば食ってきます。

まだまだアジは釣れそうでしたが、最後は鯛を狙いたいと思いポイント移動。

しかし、鯛はおさわりもなく終了。

今日もメバルは釣れず。潮が小さい日はメバルもダメ。

大阪湾のメバルはもう絶滅危惧種か?

イカナゴが減っているのが原因か、稚魚放流で他のさかなが増えたせいか?

今年は異常にハマチも多い。アジもいつまでもいるなぁ~。どうも例年とは違うような。

今日もアジが居てくれたおかげでお土産はできました。

ガシラが大型揃いで非常にいいお土産に。

帰りも最高に快適なクルージングでした。こんな日が毎週末くればよいのになぁ~。

満足度★★☆☆☆

2018/03/17

うまくいかない1日~

今日は風が強い予報。

しかし、アジおさんも船頭も明日は用事があるので、今日の出船。

北の風10mほど吹いている中、遅めに出港。

追い波なので走れますが、時折後ろから押され気持ち悪い時も。

瀬戸はさすがに最速の上り潮と北からの風で結構な波に。後ろから押されて気持ち悪いけれど、何とか瀬戸を越えて風裏へ。

波はましですが、風が強くて高仕掛けの扱いは大変。

何とか仕掛けを投入し、巻き巻き。すでに潮が最速から緩みつつある感じ。

何とか鯛をと巻き巻きするも、釣れてくるのはハマチ。

1本あればもう要らない~。船団になっているところへは行かず、のんびり漁礁まわりを巻き巻きしますが、鯛のアタリはないまま。

良く魚探には映っているのですが、口を使ってくれません。

水温が9度台まで下がっているからかなぁ~。上り潮なのに冷たい感じ。

上りの潮が終わり、結局ハマチが3つ。

下りも鯛を釣りたかったけれど、さっぱりアタリがないのでしびれを切らし、漁礁周りのアジ・サバへ。

うまく反応を見つけて仕掛けを投入すると掛かってくるのですが、何しろ風が強いのでいざ仕掛けを放り込もうとすると縺れて~。

イライラ。

風が強いと、操船も忙しいし、仕掛けは縺れるしでなんだかうまくいきません。

何とかポロポロとサバ、アジを釣りましたが、ボートが集まってくると反応も消えていきます。

潮はまだ下りが残っているので、漁礁周りで反応を見つけメバル仕掛けを放り込んでみますと、グイグイ引いて上がってきたのはアジ。

メバルじゃなくて、アジですか~。

残念ですが、メバル道具でアジが掛かるとスリリング。

少しアジを追加し、アジおさんには大きなメバルも釣れてきました。

なんだか魚の活性が低かったような気がするけれど、何とかお土産になる分は確保できました。

一日中風が強くて寒かったけど、帰るころにはなぜかベタ凪に。

ついていないなぁ~。と思いながら帰港。

仕掛けがよく縺れる、竿先に仕掛けがよく巻き付く、根掛かりはする、リールは回らなくなる、振出メバル竿が縮まなくなる、重ねたバケツが外れなくなる・・・いろいろうまくいかない1日でした。

風が強いと楽しさも半減するなぁ~。

満足度★☆☆☆☆